菜園場公園にて毎年恒例の交通安全餅つき大会が開催されました。明後日の交通安全パレードの時に配る青・黄・赤の信号に見立てた三色のもちを、200kg町内の皆さんが半日かけてつかれました。特に今日は今年一番の寒さで、大変な中、消防団員(小倉北5分団)、消防署員、警察署員、地元企業のみなさん、学生、ボランティア団体など様々な方々が参加され、寒い中でも元気な声が響いていました。昔はどこの家でも、おなじみのもちつき風景でしたが、最近はそのような光景はどこにもありません。地域の方が共同作業の中で、地域を明るく、住み良い町にしていこうとする姿は、やはり、ボランティアの原点です。特に若い消防団員の凛々しい姿は特に印象的でした。この雰囲気、よかったです。