民主党は2009衆議院選挙で掲げたマニフェストの見直し方針を表明した。そもそも見直しとは、基本的な枠組みを維持しながら修正を加えることと私は認識している。しかし、標題のマニフェストなるものは「夢」「希望」「願望」「思いつき」「場当たり的」「項目の列挙」の類であり、当初から基本的な哲学を持った代物ではなかったが故に、見直しなどというのはあまりにおこがましいと言わざるを得ない。なぜかくも酷評するかと言えば、政権を担うといこと、国民の負託を受けるといこと、政治家であることは、常に責任感、緊張感、使命感を全身に感じながら働かなければ全うできない、と確信するからである。政治不信を生んだ元凶は明らかである。