あるテレビ番組で、核兵器を持たなければまともな外交が出来ないがごとき論調が述べられていた。核は使えないが、核を持たなければ外交の本気度を示せないらしい。武力で訴えてもやるのだという断固とした決意が現せないという。過去、日本が犯した過ちを再び繰り返したいのか、との気持ちである。戦力の均衡点などは存在しない。あるのは際限なき戦力拡大であったではないか。歴史が証明している。今、軍縮が蛇行しながらも進んでいる現状であり、少なくとも、世界の基本的な潮流は軍備から平和であり、無知から教育である。容易い道を選んではならない。断固として人間尊厳の道を歩んでいかなければならない。そのために行動する政治家でありたい。