先日、東京都杉並区和田中学校にお邪魔した。民間校長を採用して9年目、今回授業を拝見させていただいた代田校長は民間校長2代目。一流のスポーツマンなどを講師に呼ぶ「よのなか科」や私塾と提携した「夜スペ」で一躍注目を浴びた。しかし、現地を訪問した感じたことは、いわば奇をてらった取組の趣はいささかもなかったことである。特に義務教育の教育現場であるから、当たり前と言えばそうかもしれない。自分の頭で考え、自分で選択し、決定する、そして、責任を持つ、そんな人として(特に大人の人間として)生きる上で大切な能力を育てていこうとする強い意志を代田校長の言動に感じた。民間からの校長であると言う気負いは全くない。子供たちの可能性にかける強烈な情熱が教育の原点であることを再認識させてもらった楽しい一日であった。代田校長先生大変有難うございました。