イキのいい街、つくります。
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 機関誌より

機関誌より

北九州の離島で漁港などを視察

 公明党離島振興対策本部の遠山清彦本部長(衆院議員)は12日、北九州市小倉北区の藍島、馬島の両離島を訪れ、住民と懇談するとともに、漁港などを視察した。これには、壹岐和郎・福岡県議と木畑広宣・北九州市議が同行した。  藍島 …

施策拡充へ各地で活発に視察/中退者らに教育支援/佐賀県のモデル校を訪問

 公明党福岡県議団(森下博司団長)の浜崎達也、二宮真盛、上岡孝生、壱岐和郎の各議員は10日、佐賀県太良町を訪れ、「多様な学びのできる全日制高校(普通科)」のモデル校である佐賀県立太良高等学校を視察し、山口孝校長から同校が …

「まごころ製品」をどうぞ!/障がい者提供の商品やサービス/県主催で初の商談会/公明が推進 販路拡大、収入向上に期待

 福岡県は、障がい者が提供する商品やサービスを「まごころ製品」と名付け、販路拡大や障がい者の収入向上に向けたPR活動に力を入れている。こうした取り組みの一環として、県は10月23日、福岡市博多区の福岡国際会議場で、障がい …

代表・一般質問から/障がい者の自立支援を

 14日の福岡県議会本会議で代表質問に立った公明党の壹岐和郎議員は、障がい者の自立支援を推進する施策の実施を求めた。  壹岐議員は、障がい者が就労施設で作った製品の購入などを優先的に行うよう国や自治体に求める「障害者優先 …

自殺未遂者を救え/行政・医療 機関連携のモデル事業で成果

 公明党福岡県議団(森下博司団長)のメンバーは先ごろ、福岡市内の福岡大学病院(山下裕一病院長)を訪れ、同県議団が推進役となって実現した県の「自殺未遂者支援モデル事業」の成果について担当者と意見を交わすとともに、同院内の救 …

災害に強い街へ全力/道路の危険性解消へ/豪雨被災地で空洞調査行う

 福岡県は今月11~17日、昨年7月の九州北部豪雨で冠水した同県柳川市内を走る道路の空洞調査を行った。推進役の公明党県議団(森下博司団長)の田中正勝、新開昌彦、壹岐和郎の各議員は先ごろ、調査内容について担当者と意見を交わ …

渋滞解消へ車両感知器を移動

 北九州市八幡東区日の出3丁目交差点と交わる諏訪19号線上に設置されていた車両感知器がこのほど、3メートル後方に移設された。ドライバーから「渋滞が解消され、スムーズに車が流れるようになった」と喜ばれている。  以前の感知 …

通級指導教室の増設を/公明県議が橋渡し 保護者らが行政に要望

 公明党福岡県議団(森下博司団長)の浜崎達也議員は先ごろ、「福岡県ことばを育てる親の会」(佐田亜由美会長)を福岡市博多区の県庁議会棟に招き、県教育庁関係者らとの「福岡県内小・中学校『通級指導教室』についての要望」に関する …

草の根の取り組みに反響/党員活動たたえる「地域サポート大会」/環境、教育を柱に貢献/参加94グループを顕彰 党理解と信頼の輪広げる

 各地で信頼の輪を広げている党員グループの草の根運動。公明党福岡県本部(木庭健太郎代表=参院議員)は先ごろ、地域に貢献する党員グループの顕彰と党員活動のさらなる推進を目的に、福岡市内で「地域サポート大会」を初開催した。当 …

暴力団の恐ろしさ知って!/県警の“暴排先生”が授業/県内の全中・高校で実施へ/専任職員の配置は全国で初 受講者数20万人に

 暴力団の“恐ろしさ”知って――。福岡県警察本部が今年度から、県内全ての中・高等学校を対象に実施している県臨時警察職員(“暴排先生”)による授業「暴力団排除教育」の受講者数が、1月13日時点で20万人を突破した。専任職員 …

1 2 3 »

いままでの新着情報

いきよしろうのつぶやき

月別いきいきブログ

PAGETOP
Copyright © 福岡県議会議員 いきよしろう All Rights Reserved.