イキのいい街、つくります。
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 機関誌より

機関誌より

協会けんぽ安定に努力

 公明党の秋野公造参院議員は27日、北九州市内で全国健康保険協会(協会けんぽ)の城戸津紀雄運営委員、福岡県商工会連合会の仲宗根稔副会長から、同協会に加入している中小企業の重い負担となっている健康保険料率の引き上げ問題につ …

あのまちこのまち/危険な通学路に信号機設置

 北九州市八幡東区大蔵2丁目を通る県道62号北九州小竹線に、このほど信号機が設置され、住民らから「これで危険だった県道の横断が安心してできる」と喜ばれている【写真】。  交通量の多い同県道には、これまで横断歩道しかなく、 …

自立めざし体制構築/公明県・市議ら 療育施設で課題探る/福岡・飯塚市

 福岡県議会公明党の浜崎達也、大塚勝利、壹岐和郎の各議員と、飯塚市議会公明党の田中裕二議員はこのほど、発達障がい児の自立支援策を探るため、飯塚市内の療育施設「こども発達支援センター ミーティアス」を訪問した。  同センタ …

挑戦する楽しみ伝えたい/福岡の党員が東京の盲学校に体験記贈る

 波瀾万丈の自身の半生をつづった冊子「微笑む桜」を東京都の盲学校で役立ててほしい――。北九州市に住む公明党員の渡邉三喜雄さん(71)の思いを受け、同冊子の贈呈式がこのほど、都庁で行われた。  当日は、渡邉さんから300冊 …

“多様な学び”を可能に/発達障がいや中退者ら受け入れ/佐賀県のモデル校視察

 公明党福岡県議団の浜崎達也、新開昌彦、大城節子、壹岐和郎、松下正治と福岡市議団の松野隆の6議員はこのほど、「多様な学びのできる全日制高校(普通科)」のモデル校として、今年度から改編された佐賀県立太良高等学校(同県太良町 …

障がい児者守る施策を/県肢体不自由児者連合会が要望/入所ベッドの増床など求める

 公明党福岡県議団(森下博司団長)は8月30日、県庁内で福岡県肢体不自由児者福祉連合会(竹田光男会長)の代表と会い、同席した県福祉労働部の障害者福祉課長らとともに、重症心身障がい児者への施策拡充に向け意見交換した。  こ …

学校関係者に周知を/脳脊髄液減少症の患者ら

 特定非営利活動法人(NPO法人)「脳脊髄液減少症患者・家族支援協会」(中井宏代表理事)と福岡県在住の患者らは先ごろ、福岡県庁を訪れ、麻生渡知事と森山良一教育長あての、教育現場における脳脊髄液減少症対策の推進を求める1万 …

免許更新が便利に/県都中心部にセンター新設

 福岡県は、福岡市中央区渡辺通のサンセルコビル地下1階にこのほど、「渡辺通優良運転者免許更新センター」(ゴールド免許センター)を開設した。  免許更新場所の弾力化は、公明党福岡県議団(森下博司団長)も訴えていたもので、同 …

中高年の就職を応援/ワンストップ 支援センター開設/職業能力向上の研修も実施

 福岡県は4月から、急激な雇用情勢の悪化で職を失った中高年者を対象に、ワンストップで就職支援を行う「福岡県中高年就職支援センター」を福岡市博多区に開設している。  公明党県議団(森下博司団長)も推進してきた取り組みで、森 …

障害者施策の充実へ/肢体不自由児者連合と懇談

 公明党福岡県議団(森下博司団長)は8月21日、県庁内で福岡県肢体不自由児者福祉連合会(竹田光男会長)の代表と会い、障害者施策の充実に向け意見交換を行った。これには、森下、野田栄市、田中正勝、上岡孝生、二宮真盛、浜崎達也 …

« 1 2 3 »

いままでの新着情報

いきよしろうのつぶやき

月別いきいきブログ

PAGETOP
Copyright © 福岡県議会議員 いきよしろう All Rights Reserved.